スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女が慰安婦になったワケ

【慰安婦問題】 河野洋平元衆院議長が訪韓へhttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1359971061/



405 :名無しさん@13周年:2013/02/05(火) 03:39:50.50 ID:gzJXVy9l0

http://makizushi33.ninja-web.net/

当時「慰安婦」はいくらでもいましたが、強制によるものがいたかどうかは証言以外に証拠がありません。慰安婦問題の有力な証言者として積極的に公演を行っているのが「黄錦周」「李容洙」さんの2人。以下はすべて従軍慰安婦として有名な「黄錦周」(ファン・クムジュ)さん1人による証言です。


「生活は貧しく、12歳のときに100円で売られた。ソウルの金持ちの家で小間使い。1938年に威鏡南道ハムン郡で女中をしていた時に、その家の娘の身代わりとなって満州に連行され従軍慰安婦となった」

「17歳のとき、日本人の村の指導者の妻が、未婚の朝鮮人少女全員に、日本軍の工場に働きに行くように命じました。そのとき私は労働者として徴用されたのだと思いました」

「私は19歳で学校を卒業する25日前に、日本軍に引っ張り出され、仕方なく慰安所に行ったんだ」

「満18歳になったある日、男がやって来て、村から娘を提供するように言いました」

「村の班長(日本人)に『一家に一人は行かなくては』と脅され、1941年、韓国を離れましたが、到着した場所は、慰安所でした」

「14歳のとき、いわゆる『少女出』で満州に連行され、皇軍兵士のセックスの道具にされた。つらい体験だった」



こっちは「李容洙」(イ・ヨンス)さんの証言

img199_LeeYongSoo.jpg

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/img/img199_LeeYongSoo.jpg


2人とも公演するたびに証言が変わるのが特徴







おまけ

panji00007881.jpg











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はろはろ2010

Author:はろはろ2010
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メリクリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。